TV动画《东京食尸鬼 第二季》片尾曲

季節は次々死んでいく

  TV动画《东京食尸鬼 第二季》片尾曲

  歌手:amazarashi

  所属专辑:季節は次々死んでいく

  季節は次々死んでいく

  絶命の声が風になる

  色めく街の 酔えない男

  月を見上げるのはここじゃ無粋

  泥に足もつれる生活に

  雨はアルコール味がした

  アパシーな目で 彷徨う街で

  挙動不審のイノセント駅前にて

  僕が僕と呼ぶには不確かな

  半透明な影が生きてる風だ

  雨に歌えば 雲は割れるか

  賑やかな夏の干涸らびた命だ

  拝啓 忌まわしき過去に告ぐ

  絶縁の詩

  最低な日々の 最悪な夢の

  残骸を捨てては行けず

  ここで息絶えようと

  後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩

  苦悩にまみれて 嘆き悲しみ

  それでも途絶えぬ歌に

  陽は射さずとも

  明日は次々死んでいく

  急いでも追いつけず過去になる

  生き急ぎ僕ら 灯る日は刹那

  生きる意味などは後からつく

  君が気味でいるには不確かな

  不安定な自我が 君を嫌おうと

  せめて歌えば 闇は晴れるか

  根腐れ夢に預かった命だ

  拝啓 忌まわしき過去に告ぐ

  絶縁の詩

  最低な日々の 最悪な夢の

  残骸を捨てては行けず

  ここで息絶えようと

  後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩

  苦悩にまみれて 嘆き悲しみ

  それでも途絶えぬ歌に

  陽は射さずとも

  疲れた顔に足を引きずって

  照り返す夕日に顔をしかめて

  行こうか 戻ろうか 悩みはするけど

  しばらくすれば 歩き出す背中

  そうだ 行かねばならぬ

  何はなくとも 生きていくのだ

  僕らはどうせ 拾った命だ

  ここに置いてくよ なけなしの

  拝啓 今は亡き過去を想う

  望郷の詩

  最低な日々が 最悪な夢が

  始まりだったと思えば 随分遠くだ

  どうせ花は散り 輪廻の輪に還る命

  苦悩にまみれて 嘆き悲しみ

  それでも途絶えぬ歌に

  陽は射さずとも

  季節は次々生き返る

本文来自网络,不代表抖音歌曲歌词立场,转载请注明出处:http://www.86608855.com/zx/9700/

作者: coo

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

联系我们

联系我们

经典歌词为广大歌词音乐爱好者提供中文歌词,抖音歌曲歌词,流行歌曲歌词,影视金曲歌词,网络歌词,以及最新歌曲歌词,让你体会到歌词不同凡响的魅力。
关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

关注微博
返回顶部